フィアットパンダ デュアロジック 修理 Dualogic

フィアット専門店のようになっております。

フィアットデュアロジック修理

今回はフィアットパンダのデュアロジックです。
1速に入らず2速発進になってしまう。発進時ガクガクする。とのご依頼で遠方よりレッカー車にて運ばれてきました。
車検は残り半年。廃車にするか修理するか、とのご相談。

早速各部チェックします。
いくつかエラーが記憶されていましたが、どれも直接の原因ではないようです。
フィアット500で定番の部品の動きは、すこぶる調子が良い状態でした。
とりあえずデュアロジックのキャリブレーションを行ったところ、1速に入らない症状は改善されました。
半クラがあまり上手ではないような発進時のガクガクは、クラッチのキャリブレーションを行っても満足のいく状態になりませんでした。走行距離は93000キロなので、クラッチディスクの摩耗やダンパースプリングのへたり、またはフォークの損傷等が考えられる旨をお伝え。
とりあえず乗れるようになったので乗ってみる、とのことでお帰りになられました。
ありがとうございました。

フィアットパンダデュアロジック修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA