フェラーリ 308 WEBER DCNF オーバーホール

Ferrari 308 WEBER DCNF オーバーホール
アメリカ平行のフェラーリ308
調子が悪くまともに走行できないとのことで、遠方より、キャブレターのみお送りいただきました。

ferrari_dcnf

各部チェックしながら、バラします。

ferrari_dcnf

ポンプジェットが横方向にも噴射されています。
吐出状態が良くないようです。

ferrari_dcnf

スロットルバルブに隙間があるので新品に交換します。

ferrari_dcnf

スロットルバタフライ取り付けボルトは”カシメ”られているので、ボルトを外すとシャフトにバリが出ます。
そのままではシャフト取り外し時にボディーに傷をつけてしまうので、バリを綺麗に取り除いてから、シャフトを抜きます。

ferrari_dcnf

バラしました。

ferrari_dcnf

ポンプジェットは製造時から?の亀裂、穴、がありました。
このシリンダーだけ燃料が多く、”カブリ”ぎみだったと推測します。

ferrari_dcnf

穴が詰まっているジェットもありました。

ferrari_dcnf

アイドルジェットは、45と55がバラバラに入っていました。

ferrari_dcnf

フロートの状態(穴あき)や、ボディーの各通路、取り付け面、等に異常が無いかチェックします。

ferrari_dcnf

ベアリングが異常に強く締められており、
シャフトの状態が良くなかったこともあり、オーバーホールキット、ベアリング、スロットルシャフト、ポンプジェット、
スロットルバルブバタフライプレート等を交換します。

ferrari_dcnf

新品のポンプジェットが到着。

ferrari_dcnf

スロットルバタフライプレート。

ferrari_dcnf

細かい部品も洗浄します。

ferrari_dcnf

洗浄後、組みつけていきます。

ferrari_dcnf

スロットルバルブ新品交換。
隙間も完璧です。

ferrari_dcnf

フロートレベルも基準値に調整。

ferrari_dcnf

すべて元通りに組み付けて、加速ポンプ、その他、各部の動作チェックをして完成。

ferrari_dcnf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA