スーパーセブン ZETEC 2.0 エンジン オーバーホール Birkin Caterham

フォード製ZETEC2.0エンジンのオーバーホールのご依頼。

今回のエンジンは、大きく分けて5種類存在するZETEC2.0の最終型です。
ZETECエンジンは、ピストン、ピストンリング、コンロッド、バルブ、などに異なる形状のものが複数存在するので、部品の調達に注意が必要です。
さらに今回のバーキンに搭載されているエンジンは、フォードのエンジン打刻が削られてバーキン社独自の打刻が打たれているので、部品の調達を難しくしています。

弊社は、海外より直接部品を輸入することが可能なので、各部品を確認しながらオーダーします。

早速バラして各部チェックします。

スーパーセブンzetecオーバーホール

新品ピストンリングの合口隙間は基準値内でしたので、ブロックはこのまま使用します。
(スタンダードサイズのピストンリングの合口隙間が広すぎる場合は、シリンダーが摩耗している為シリンダーをボーリングしてオーバーサイズピストンを使用します)

スーパーセブンzetecオーバーホールピストンリング

エキゾーストバルブの当り面が、虫食い状態になっています。
エキゾーストバルブを新品に交換します。

スーパーセブンzetecオーバーホールエキゾーストバルブ

オイルポンプも分解します。各部クリアランスも異常なし。

スーパーセブンzetecオーバーホールオイルポンプ

洗浄後、組み付けていきます。

シリンダーブロックにクランクシャフトベアリングをセットしていきます。

スーパーセブンzetecオーバーホールメタル組み付け

クランクシャフトを組み付けます。
事前にプラスチックゲージにてメタルクリアランスを確認、調整しておきます。

スーパーセブンzetecオーバーホールクランクシャフト

ピストンにピストンリング、コンロッドにベアリングを組み付け、
ピストンリング合口位置を確認して、シリンダーブロックに組み付けていきます。

スーパーセブンzetecオーバーホールピストン

コンロッドキャップを規定トルクで締め付けます。
コンロッドボルトも新品を使用します。

スーパーセブンzetecオーバーホールコンロッド

新品のエキゾーストバルブを使用するので、バルブの摺り合わせを行います。

新品の状態。

スーパーセブンzetecオーバーホールエキゾーストバルブ新品

摺り合わせ後。

スーパーセブンzetecオーバーホールエキゾーストバルブ摺り合わせ
スーパーセブンzetecオーバーホールエキゾーストバルブ摺り合わせ

メタルヘッドガスケットを使用します。

スーパーセブンzetecオーバーホールヘッドガスケット

バルブを組み込んだシリンダーヘッドをドッキング。
ヘッドボルトも新品を使用します。

スーパーセブンzetecオーバーホールシリンダーヘッド

今回のエンジンはタペットがシム式の最終型ZETECの為、バルブクリアランスを測定、調整します。
バルブを交換したエキゾースト側はクリアランスがバラバラです。調整用のシムをオーダーします。
インテークも数値が外れている箇所が有りました。狭かったり、広かったり。新車時からずれていたのでしょうか???

スーパーセブンzetecオーバーホールバルブクリアランス調整

バルブタイミングを調整します。クランクプーリーの上死点マークは微妙にずれがあるため、ダイヤルゲージにてピストン上死点を測定します。

スーパーセブンzetecオーバーホールバルブタイミング

各部最終確認をして完成。

スーパーセブンzetecオーバーホール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA