フィアット500デュアロジック不調故障修理 fiat 500 dualogic

お盆期間中も遠方よりお越しいただいております。

今回は、駐車場にオイル漏れ跡があり、その後、数回エラーが出てギアが入らなくなったことがあった。
とのご依頼。

フィアット500修理

診断機を接続するとデュアロジックの油圧系に異常があったことが記憶されています。

フィアット500デュアロジックフォルトコード

デュアロジックの油圧が35barまで低下したことが記憶されていました。
通常は40bar前後まで低下するとポンプが作動し油圧を上げますが、何らかの理由で油圧が下がってしまいデュアロジックが作動しなかったと思われます。

フィアット500フォルトコード

各部調べていくと、ご依頼時のお話の通りデュアロジックオイルの漏れがあり、デュアロジックオイルの量がかなり少なくなっていました。
ポンプ系に異常は無さそうです。
診断の結果、
ポンプ、その他は正常に機能しているが、オイル漏れによるデュアロジックオイル量低下によりジュルジュルと空気も一緒に吸い込んでしまい、油圧が上がらずエラーが出た様です。

デュアロジックオイルタンク

オイル漏れ部を修理し、快適にお乗りいただけると思いますが、走行距離も多めなことと、お住まいの近くにフィアットを修理できるお店が無いとのことで、万が一に備えてご自分にてオイルの補充が出来るようにと、デュアロジックタンクのオイル入れ口にアクセスできるように、遮熱版の一部をカットさせていただき、予備のオイルもお持ち帰りいただきました。

デュアロジックオイル入れ口

遠方よりお越しいただきありがとうございました。

ご自分でできるデュアロジック簡易テスト方法です。
こちらもチェックしてみてください。
https://www.koyamajidoshakikaku.com/ja/importedcars/it

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA