フィアット500 1.4 デュアロジック修理 Fiat 500 Dualogic

平成22年式 走行105,600km
フィアット500 1.4 ラウンジ
エンジン始動後、警告音が鳴りギアが入らないことが有った。バックに入らないこともあった。とのご依頼。

早速各部チェックします。
デュアロジックオイルの油圧が低下したエラーが残っていました。

フィアット500 デュアロジック診断機

アンダーカバーにオイルが漏れた跡が有ります。

フィアット500アンダーカバーデュアロジック修理

デュアロジックオイルは空に近い状態でした。

フィアット500デュアロジックオイルタンク

ポテンショメータ付近より漏れているようです。

デュアロジックポテンショメータ オイル漏れ

いつもの部分もオイルが回っています。

デュアロジック修理

問診の結果、
エンジン始動後に警告音が出てギアが入らなかった症状は、たまたまその日はいつもと異なる場所に駐車して、地面が傾斜していたとのこと。
デュアロジックオイルが漏れにより減っていて、傾斜地に駐車したことによって油面が傾き、ポンプで吸い上げることが出来なかった様です。

お客さまと相談した結果、もう一度車検を取得して乗り替え予定とのこと。あと約3年間持たせます。

デュアロジックオイルは、定期的に交換していたとのことなので交換ではなく補充で対応。
オイル漏れは弊社デュアロジックオイル漏れ止め剤を添加。
ミッションギアオイルは交換した形跡が有ったので今回は見送り。
オイルが回ってしまっている部品は弊社リビルト部品を使用。
デュアロジックオイル残圧保持能力も低下していた為、アキュムレータを交換。

デュアロジック アキュムレータ交換
デュアロジック アキュムレータ交換

部品は弊社に全て在庫が有った為、代車をお貸しして松本観光をしていただいている間に修理完了。

アキュムレータを交換してデュアロジックオイルの残圧保持の具合も良い感じになりました。

デュアロジックアキュムレータ交換

片道約150km、遠方よりお越しいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA